Menu

不妊症

Home
不妊症 | 東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

不妊症

妊娠を望みながら、2年以上にわたって、夫婦生活を営みながら、妊娠しない状態を、一般的に不妊症とよんでいます。当院では、長年の不妊症治療の経験(体外受精の治療も含めて)より、その人にあった適切な治療、アドバイスを致します。

原因

【排卵因子】
 排卵障害。
【卵管因子】
 卵管の癒着や閉塞、狭窄による通過障害。
 原因として、子宮内膜症、クラミジア感染症があげられます。
【子宮因子】
 着床障害。子宮筋腫、子宮内膜ポリープなどが原因となります。
【頸管因子】
 精子進入障害。頸管粘液分泌不全、抗精子抗体などが原因となります。
【男性因子】
 造精機能障害、精管通過障害、性行為障害など。

基礎体温(BBT)測定

排卵があれば、低温期と高温期(約2週間)があり、無排卵症や黄体機能不全症の判断に役立ちます。

ホルモン検査

採血によって、下垂体や卵巣から分泌されるホルモンの値を調べます。

超音波検査

卵胞(卵子のある袋)の大きさや子宮内膜の厚さを計測して、排卵日を予測します。
子宮筋腫や卵巣腫瘍の有無もわかります。

子宮卵管造影検査

子宮の中に、造影剤を注入してX線撮影をします。
子宮の中に異常がないか、卵管の通過性がよいかなどがわかります 。

子宮頸管粘液検査

排卵が近づくと、子宮の入り口に透明な粘液が分泌されます。その量や性状から、排卵を予測します。

ヒューナーテスト(性交後試験)

精子が子宮内に進入できるかをみる検査で、性交後、頸管粘液中の運動精子の数を調べます。
この結果が悪い場合、抗精子抗体を調べます。

精液検査

精液中の精子の数、運動率、奇形率などを調べます。

検査の結果、特に異常が発見されない「機能性不妊症」が約3割~4割です。

タイミング指導

検査で特に異常が認められない場合、排卵日を予測して、その日に性交渉を持つように指導します。排卵日は、基礎体温、超音波検査、頸管粘液検査、尿中のLH(黄体化ホルモン)検査などから、総合的に判断します。

排卵誘発剤による治療

排卵障害がある場合、まず内服薬の排卵誘発剤(クロミフェン)を使用します。
これが、無効の場合、HMG-HCG療法を行います。

人工授精(AIH)

頸管因子、男性因子に問題がある場合、精子を子宮内に注入する人工授精を行います。
当院では、精液を調整して、運動良好精子濃縮法を取り入れています。

体外受精・胚移植(IVF-ET)

近隣または希望される実施医療機関を、紹介します。