Menu

更年期障害

Home
更年期障害 | 東京都武蔵野市 産婦人科 おおやクリニック

更年期障害

更年期障害を中心とした中高年女性のいろいろな悩みに対して、相談、治療を致します。
更年期(45歳~55歳くらいの時期)になると、卵巣の機能が低下して、エストロゲン(卵胞ホルモン)が減少してきます。それに伴う全身的なバランスの乱れが、更年期の様々な症状を引き起こす原因となります。ほてり、のぼせ感(hot-flush)、発汗、手足や腰の冷え、動悸、息切れ、不眠、頭痛、めまい、イライラする、くよくよする、腰痛、肩こりなど。

薬物療法

・女性ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy:HRT)
・自律神経調整剤
・抗不安剤、抗うつ剤
・漢方薬(当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸など)

心理療法(カウンセリング)

面接によって、悩みやストレスの原因を取り除きます。

生活改善

・気分転換をはかる
・バランスのよい食事をとる
・適度な運動
・趣味を見つけて熱中してみる

女性ホルモン補充療法(HRT)

低下したエストロゲンを補うことによって、更年期の諸症状を改善する治療法です。
HRTに使用されるエストロゲン剤には、内服薬と貼り薬、塗り薬があり、貼り薬、塗り薬は、胃腸や肝臓の弱い人に向いています。
HRTの方法については、子宮を摘出した人では、エストロゲン剤のみ使用しますが、子宮のある人では、エストロゲン剤と一緒に黄体ホルモン剤を使用します。
そうすることで、子宮体癌の増加を防止することができます。

HRTをどれくらいの期間続けるかについては、治療目的によって異なります。
更年期の一時的な症状を改善させるには、数ヶ月から数年ぐらい続けます。
閉経後に起こりやすい「高脂血症―動脈硬化」や「骨粗鬆症」 などの予防にはより長期に治療を続けます。
海外のデータでは、HRTを5年以上行うと、乳がんの発生率がやや上昇するという報告もありますが、治療中は定期的な検診をしてまいります。
当院は、東京都武蔵野市境にあり、中央線武蔵境駅北口徒歩5分です。お一人で悩まずに、ぜひご相談ください。