Menu

中絶手術

Home
中絶手術 | 東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

中絶手術

人工妊娠中絶手術

妊娠されても、いろいろな事情によって、妊娠を継続し、分娩できない状況があります。そのような場合、母体保護法によって、妊娠中絶手術が行われます。中絶手術が可能な時期は法律によって、妊娠22週未満となっています。ただ、中絶することが決まれば、できるだけ早期に手術をうける方が安全です。
当院では妊娠10週まで受付けており、手術は日帰りで行っています。

保険証をお預かりし、カルテ作成。  ※初診時は念のため保険証をお持ち下さい。

妊娠検査、最終月経の開始した日などの問診と、超音波検査(エコー)などで妊娠の正確な週数を診断します。

手術日は原則的には月・水・金曜日の午後に行っています。手術日が決まれば手術前検査(血液検査など)と手術に関する説明をします。不安なことは何でもご相談下さい。法律により、手術を受けるには本人とパートナーの署名、捺印をした同意書が必要となります。

手術前日夜12時以降は、飲んだり食べたりしないで下さい。お産経験のない方は手術当日の朝9時に来院していただき、子宮の入り口に「ラミセル」という棒状の器具を挿入します。数時間で水分を吸収して膨張し、子宮頸管をゆっくり無理なく広げます。お産経験のある方はこの処置は必要ありませんので、午後1時30分に来院していただいております。。中絶手術は静脈麻酔のもとで、眠った状態で行い、約15分程度で終わります。術後2~3時間安静にし、経過をみさせていただきます。帰宅前に出血など異常がないかを診察いたします。

約1週間後、術後順調に経過しているかどうか診察します。
今後、望まない妊娠を避けるために避妊方法を指導します。

中絶手術に関してよくある質問

[手術の方法はソウハ法か吸引法のどちらですか]
A:当院はソウハ法で実施しています。30年以上の豊富な経験があり、吸引法より安全と考えているからです。

[次の月経はいつ来ますか]
A:通常、1~1か月半で来ます。2か月以上ない場合は受診してください。まれに連続して妊娠される方がおられますので、必ずコンドームを使用して避妊してください 。

[手術によって不妊になりやすいですか]
A:手術によって不妊になることは、まずありません。性感染症の一つであるクラミジア感染により、不妊に至ることがありますので、検査をお勧めします。

[今後の避妊の方法はどうしたらよいですか]
A:基本的には、低用量ピル(OC)をお勧めしています。今後妊娠を考えておられない方は、子宮内避妊器具(IUD)の使用をお勧めしています。

※料金などお知りになりたいことがありましたら、お電話にてお問い合わせ下さい。
※東京都内(三鷹市、小金井市、西東京市など)で手術をご検討されている方は是非ご相談ください。
※東京都武蔵野市境にあるクリニックです。中央線武蔵境駅北口より徒歩5分です。