Menu

性感染症(STD)

Home
性感染症(STD) | 東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

性感染症(STD)

性行為によって感染する病気を性感染症(STD)と呼んでいます。性病もSTDの一つです。
まずは、コンドームで予防し、あやしいと思ったら、早めに検査を、そして、感染がわかったら、パートナーと一緒に治療を受けましょう。

クラミジア感染症(子宮頸管炎、尿道炎)

若い女性に最も多いSTDです。おりものの増加、不正出血などの子宮頸管炎の症状を見ることがありますが、多くは、無症状のため、慢性化して、卵管に障害を起こし、不妊症の原因となることがあります。男性では、尿道炎の症状が出現します。潜伏期間は、1~3週間。抗生物質の内服で治療します。

性器ヘルペス

単純ヘルペス・ウィルスⅠ型またはⅡ型に感染して起こります。
Ⅰ型は、口唇や目の角膜に発生しますが、最近では、オーラル・セックスの影響で性器にも見られるようになりました。感染後、3-10日で軽いかゆみを感じ、その後、水疱が出来、つぶれて潰瘍になると、強い痛みが出現します。治療は抗ヘルペス薬を内服します。ウィルスを完全に排除出来ないため、再発することが多く、日頃から、体力を低下させないことが大事です。

淋病

クラミジアと同様に無症状のことが多く、パートナーが尿道炎を起こして、心配されて来院されるケースが多いです。潜伏期は2日~1週間で、抗生物質の内服などの治療を行います。

尖形コンジローム

ヒトパピローマウィルス(HPV)の感染によって、粟粒大のイボのようなものが、外陰部や膣に多発しますが、特に痛みはありません。治療は、電気やレーザーなどで焼き固めて、こまめにとっていきます。HPVは、子宮頸がんの発生と密接な関係にあるといわれています。

以上は比較的多いSTDですが、その他、膣トリコモナス症、梅毒、B型肝炎、膣カンジダ症、ケジラミ症、エイズ(HIV)などがあります。不安なことがありましたら、早めの検査をお勧めします。
また、ブライダルチェックの1つとしてもSTD検査をお勧めします。お一人で悩まないで、ぜひご相談ください。
当院は、東京都武蔵野市境にあり、中央線武蔵境駅北口徒歩5分です。