Menu

よくあるご質問

Home
よくあるご質問 | 東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

よくあるご質問

月経痛が強くて心配です。

月経時の下腹痛などの症状がはげしく日常生活に支障をきたすような場合を月経困難症といいます。出産経験のない若い人に多いのは、子宮頸管(子宮の入り口)が狭いために、はがれた内膜が子宮の中にたまって、うっ血を起こし、これを出そうとするプロスタグランディンというホルモンの作用で子宮が収縮し、強い痛みとして感じるのではないかと考えられています。
ストレスや不規則な生活、冷えも原因となることがあります。

治療は鎮痛剤、ピル(OC)、漢方薬などが使われますが、最近、痛みを軽減する目的で、低用量ピルを服用開始される方が増えてきています。
過多月経(量が多い)を伴う場合は、子宮筋腫、子宮腺筋症(筋層が厚くなる)も想定されます。年齢と共に痛みが増強している場合、子宮内膜症の可能性があります。この疾患は症状が進むと癒着などを起こし、不妊の原因となりますので心配のある方は、是非ご相談下さい。

月経前になると、体調が悪くなり、頭痛がしたり、イライラするのですが。

月経前症候群(=月経前緊張症:PMS)と思います。月経のある女性の約半数はなんらかの不快症状があるといわれています。月経の3~10日前より様々な身体的症状(下腹部痛、頭痛、便秘、むくみ、乳房痛など)や精神的症状(イライラ、ゆううつ、不眠など)が現れ、月経が始まると、おさまったり、軽くなったりします。
原因はよくわかっていませんが、ホルモンの変動が関係(排卵後に分泌される黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが崩れる)していたり、ストレスが要因と考えられています。

治療は、対症療法(それぞれの症状にあわせて薬を使用)の他に、漢方薬やピルを使います。最近では、低用量ピルで症状が改善される方が多いようです。生活では、下半身を温めて、血行をよくしたり、心身をリラックスさせることがポイントです。

「メタボリック・シンドローム」って何ですか。

いろいろな生活習慣病は、それぞれ別の病気ではなく、肥満(特に内臓脂肪型肥満)が原因であることが、わかってきました。内蔵脂肪型肥満によって、様々な病気が引き起こされやすくなった状態をいいます。

おへその高さのウエスト周囲径が、男性で85㎝以上、女性で、90㎝以上の方で、次の項目のうち、2つ以上を満たしている場合に診断されます。

●血圧:最大血圧130mmHg以上 かつ/または 最小血圧85mmHg以上、空腹時血糖110mg/dl、HbA1c 5.2%以上
●血清脂質:中性脂肪150mg/dl かつ/または HDLコレステロール 39mg/dl以下

この条件にあてはまる方は、生活習慣の改善が必要です。特に食習慣(バランスの取れた食事と腹八分目)と運動の習慣(例えば、ウォーキング、目安は1日1万歩)を考えてみましょう。飲酒はほどほどにして下さい。

子宮頚ガン予防ワクチンについて説明してほしい。

子宮頸ガンは性交渉によって子宮頚部にヒトパピローマウイルス(HPV)が感染し、発症することがわかっています。大部分は自然排除されますが、感染が長期間続くとがん化するといわれています。
発ガン性HPVは15種類あり、ワクチンは発ガン性HPV16型、18型」の2つの型の感染を防ぐことができますので、約70%の予防効果があるといわれています。
ワクチン接種と定期的な検診によって、子宮を失うことなく完治しうることができます。