Menu

予防接種

Home
予防接種 | 東京都武蔵野市 産婦人科 おおやクリニック

予防接種

子供の予防接種

お母さんから受けついだ赤ちゃんの病気に対する抵抗力は、百日ぜき、水痘では生後3ヶ月、麻疹、おたふくかぜでは、生後12ヶ月に、自然に失われていきます。そのため、その時期を過ぎたら、抵抗力を作って、病気を予防する必要があります。
その助けとなるのが、予防接種です。自治体で行われる予防接種は、次のようになっています。

定期接種 接種時期(対象年齢) 回数 備考
インフルエンザ菌 b型(Hib) 1回目:2ヵ月
2回目:3ヵ月
3回目:4~5ヵ月
4回目:1歳~2歳未満
4回
小児用肺炎球菌 1回目:2ヵ月
2回目:3ヵ月
3回目:4ヵ月
4回目:1歳~1歳半未満
4回
四種混合(DPT-IPV) 1回目:3ヵ月
2回目:4ヵ月
3回目:5~6ヵ月
4回目:1歳半~2歳未満
4回 1~3回目の間隔は3~8週間
3回目と4回目の間は1年~1年6ヵ月
BCG 5~7ヵ月
1回
麻疹・風疹 1回目:1歳~2歳未満
2回目:5歳~7歳未満
2回
水痘(水ぼうそう) 1回目:1歳~1歳半未満
2回目:1歳半~2歳未満
2回
日本脳炎 1回目:3歳~4歳未満
2回目:  〃
3回目:4歳~5歳未満
4回目:9歳~13歳未満
4回 1~2回目の間隔は1~4週間
2回目と3回目の間はおおむね1年
二種混合(DT) 11歳~13歳未満 1回
ヒトパピローマウイルス(HPV) 12歳~15歳推奨
【2価】
1回目:12歳~15歳
2回目:1回目から1ヵ月後
3回目:1回目から6ヵ月後
【4価】
1回目:12歳~15歳
2回目:1回目から2ヵ月後
3回目:1回目から6ヵ月後
3回 2価:サーバリックス
4価:ガーダシル
任意接種 接種時期(対象年齢) 回数 備考
B型肝炎(HBV) 1回目:2ヵ月
2回目:3ヵ月
3回目:6ヵ月~1歳未満
3回
ロタウイルス 【1価】
1回目:2ヵ月
2回目:3ヵ月
【5価】
1回目:2ヵ月
2回目:3ヵ月
3回目:4ヵ月
1価:2回
5価:3回
おたふくかぜ 1回目:1歳~1歳半未満
2回目:3歳~7歳未満
2回
インフルエンザ 6ヵ月~(10月、11月など) 1~2回/年 6ヵ月~13歳未満は毎年2回
13歳~は毎年1回

インフルエンザ予防接種

インフルエンザの予防の基本は、流行前に接種を受けることです。抵抗力がつくまでに、2週間程度かかり、効果が持続する期間は約5ヶ月とされています。毎年、12月中旬までに接種を受けておくことをお勧めします。12歳までの小児は2回、13歳以上の方は、1回の接種で効果があるといわれています。高齢者(65歳以上)の方は、自治体より、一部負担があり、自己負担が安くうけられます。武蔵野市の場合、自己負担金2,200円です。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンは各自治体によって異なりますが、武蔵野市では、高齢者(65歳以上)の接種の自己負担は5,000円となります。市健康課への申し込みが必要となります。

子宮頚ガン(HPV)予防ワクチン

子宮頚ガン(HPV)予防ワクチンも自治体で負担してくれますので(武蔵野市の場合は平成25年4月より無料、[3回接種]、対象者中学1年~高1の女子)、是非接種をおすすめします。高2以上の方は、有料になりますが、がん発症予防のため、是非、接種をお勧めします。

ワクチン接種のスケジュール

ネットで「VPD」と入力して検索してみてください。スケジュール表がダウンロードできます。